ゆだ苑動画
Yuzen movie

竹田 国康さん

鉄拳教育を受けた中学生の被爆体験

竹田 国康 さん

満州事変勃発の昭和 6 年、廣島に誕生。職業軍人だった父親に伴い上京、東京大空襲に遭遇する。その後廣島に戻り、学徒動員中、廣島駅近くの東練兵場で被爆した。

※動画は準備中です。

市川 倭文枝さん

長崎の女学生の被爆体験から

市川 倭文枝 さん

長崎市に生まれ育つ。14 歳の時、爆心地から3キロの自宅で母、弟妹と共に被爆。その後、父の出身地の防府へ引き揚げてきた。

※動画は準備中です。

竹中 平一さん

太平洋戦争の時代と私の見たこと

竹中 平一 さん

昭和 20 年当時 14 歳、学徒動員で国鉄職員として岩国駅に出勤中、広島に上がるキノコ雲を見る。翌日友人と 3 人で救援に向かい広島の惨状を見る。現在、岩国市原爆被害の会副会長。

※動画は準備中です。

増原 博さん

軍隊に召集された直後に被爆して

増原 博 さん

昭和20年7月末、周南の旧海軍燃料廠に勤務していた増原さんに召集令状が届く。8月1日に広島の工兵隊に入隊し、厳しい新兵生活が始まって間もなく、8月7日を迎えることとなる。

※動画は準備中です。

藤尾 千種さん

『娘時代』をすべて奪った戦争と原爆

藤尾 千種 さん

広島市生まれ。女学校2年生、13歳の時被爆。全身火傷で生死をさまよう。原爆で家屋家財を全て失い、残った傷跡と被爆者であるということで、様々な差別、偏見にあう。

※動画は準備中です。

大本 進さん

生まれた時から戦争だった

大本 進 さん

広島市生まれ。第2国民学校(現中学校2年生)の時、学徒動員で軍事工場へ向かう途中、爆心地から2.8km離れた昭和大橋のたもとで被爆する。家族を探す中、黒い雨にも遭う。

※動画は準備中です。

伊藤 美代子さん

学徒動員先から被爆直後の広島へ

伊藤 美代子 さん

女子師範学校に在学中、学徒動員で名古屋・富山の軍用航空機製作所で働く。空襲が酷くなり、命令により山口へ帰る途中、8月7日に、被爆直後の広島を通過することとなった。

※動画は準備中です。

林 三代子さん

入市被爆をして〜命を賭けた出産〜

林 三代子 さん

原爆投下時は4歳。家族とともに呉市でキノコ雲を見た。 その日のうちに、親類の安否を尋ねて探し回る両親に連れられ、広島市内に入市した。

※動画は準備中です。

大下 美津さん

もの言わずに逝った人々〜看護婦として長崎で救護して〜

大下 美津 さん

島根県生まれ。看護婦として広島の陸軍病院に勤務中、召集され長崎県大村市の海軍病院に派遣される。その2年後、長崎市に原爆投下。長崎市内から運ばれてくる患者の救護にあたる。

※動画は準備中です。

永野 和代さん

若年被爆者が語る原爆の話

永野 和代 さん

広島市生まれ。両親、兄と共に1歳の時に被爆。自身の記憶がない中、 15 歳で初めて自分が被爆者であることを知る。

※動画は準備中です。